雪の上で動物の足跡を眺める楽しみ

雪の上で動物の足跡を眺める楽しみ

昨晩、大雪の恐れがあると言われていた長野県内でも晴天率の高い佐久穂は積雪量も少なめ。

そうは言っても朝起きたら予定通り除雪と相成りました。

放っておくと凍ってしまうので人や車が通る場所をスコップやホウキでどけていく。

除雪は筋トレだって思ってやっていると身体も温まるもんです(笑)

1時間ほどの作業を終えて校庭を歩いているとウサギの足跡を発見。

スキー場のリフトの上から見つける度に足跡を目で追いかけるのが楽しかったなあ。

そんな少年時代を思い出しました。

最初に教えてくれたのは、父だったのか母だったのかは定かではありませんが…

毎年のように妙高高原でスキーに行くのが楽しみで…

あちらこちらに見られるウサギの足跡…

「こんな雪山の中で、どこに隠れてるのかなあ。」

なんて思っていたものです。

校庭のウサギは追跡してみたら南側のフェンスの先で足跡は消えてしまいました。

いつ、何を探してピョンピョンと跳ねていたのだろうか。

どこへ帰って行ったのだろうか。

いつかお目にかかることはあるだろうか。

そう考えるだけで十分に楽しめます。

そうそう…

昨日は猟友会の人たちと話す機会があって撃った鹿を見せてもらいました。

雪の上にある足跡を追いかけて居場所を予想して山へ入るのだそうです。

この先、他の動物の足跡も見つけられるかも。

そんな楽しみもあると思ってみたら、こんなサイトを見つけました。

痕跡(フン、足跡など)から獣を特定します
何の動物が被害を及ぼしているか、痕跡(フン、足跡など)を探して確かめることが重要です。動物によって対策方法が異なりますので、痕跡を見つけてどの動物かを見極めてから対策を取りましょう。

さすがに会いたくない動物の足跡もあるけど参考にして探してみよう。

子どもたちが足跡を見つけて追跡していく姿を想像するだけでワクワク。

晴れているのにピーンと寒い大日向の日曜日もおしまい。

さあ、明日からも頑張ろう!

タイトルとURLをコピーしました