✨️Challenge Respect Smile✨️

大山を眺めながら暮らすということ

大山を眺めながら暮らすということ

大山を眺めながら暮らすということ

今日も涼しい一日でした。

夜になるとすっかり秋の虫たちが鳴き始め、ちょっと心地よい気分にもなります。

神奈川に帰ってきてからも山を眺めながら暮らしています。

丹沢・大山を仰ぐ秦野・伊勢原・平塚は、大磯・二宮と3市2町が行政区です。

そんな地域のシンボルとして昔から信仰の対象となっている山が「大山」

秦野からも登ることができますが伊勢原側がメインストリートとなります。

関東のあちらこちらから大山に向かう大山道が古来から整備されています。

「大山道 道標マップ」(伊勢原市観光協会)

「大山に雲がかかると雨が降る」

地域の子どもたちもそんなことを教わりながら育っています。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
暮らし
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました