信州の森の中で松茸と出会う。

信州の森の中で

集落の方からお誘いがあり、早朝から森の中へ。

6時前、ひんやりとした険しい山道を登っていきます。

岩も多いので滑落しないように慎重に…

登り始めて5分ほどの斜面からは、真剣に土を見つめる師匠たち。

ボクは登るのに必死(笑)

「こういうところに出てるから、よーく見てごらん。」

と2人の師匠は笑いながら教えてくれます。

でも、全くボクにはわかりません。

「お!あったよ。ちょっと来てごらん!」

というのでソロリソロリと近づきます。

「その辺から見てごらん。分かるかなあ?」

なかなか発見できずにいると、

「この辺なんだけど何か回りと違うところないかな?」

と師匠。

ニョキッと顔を覗かせる松茸

いろいろと角度を変えて見るのですが、なかなか発見できません。

そして、遂に土が盛り上がっている場所にピントが合うように。

「あ!これですね!」

と初めて森の中で松茸と出会う瞬間に感動。

「さて、どうやって採るでしょう?」

早速、次のお題が出てきました。

「・・・」

ということで、採取方法を教えてもらいます。

回りの土を取り除き、松茸がどこから伸びているのか方向を探ります。

方向が分かったら優しく抜いてあげる。

根元の菌は、生えていた場所にできるだけ落として元の状態に戻す。

今朝の松茸大小あわせて10本ほど採取して下山。

松茸は初めてだったので、とても学び多き朝となりました。

「山の命を繫ぐのも大切なことだな。」

そんなことを改めて感じた素敵な朝でした。

今日一日にも感謝!