思いっきり花を咲かせるために

思いっきり自分の花を咲かせてほしい

みんな元気に成長中の子どもたち

自分の花を咲かせようと一生懸命に生きています。

そんな彼らが持っているポテンシャルが最大化されるのが理想的。

自ら根をグッと伸ばすことができ、さまざまな試練を乗り越えて大きな花を咲かせる

ところが、大人ってのは厄介なモノで手を出しすぎるものです。

一生懸命に教えることが愛情だと勘違いしてしまうこともある。

「この子のために、これだけやっているんだ。」

なんて大人がいたら、子どもたちのポテンシャルは眠ったままかもしれません。

教えすぎたらだめなんです。

教わることになれてしまうと、自ら学ばなくなってしまいます。

それぞれの植物の特性にもよりますが…

水を与えすぎたら根っこは伸びてきません。

ホントにギリギリのところで水を少々…

そうすることで根っこをグイッと伸ばそうとする。

ところが…

このタイミングが何とも難しい。

よーく観察していないと見逃しまちゃいますからね。

日々是観察です(笑)

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました