「八重の桜」に観る明治維新と現代日本の生き方考

鶴ヶ城は美しい

NHK大河ドラマ「八重の桜」は、会津戦争後の時代へ。

明治は、新しい世の中で、それまでに通じていた常識は通じません。

武士は士族となり、廃藩置県で藩がなくなり、壊すものは壊していく新政府。

都が東京に移ってしまったことで困惑した人たちもいる。

それまでの常識が通じなくなってしまった時代といえるでしょう。

さて、現代の日本はどうか…

グローバル化の中に置き去りにされているのではないか?

「世界で闘いたい!」という若者たちがいる一方で内弁慶な若者たちもいる。

公教育は、どこに焦点を合わせればいいのかわからくなっています。

発展途上国と言われていた国々が勢いを増してくる中で、日本は凋落するしかないのでしょうか。

第2次世界大戦で、アメリカらから無差別に爆撃を受け、原爆まで投下された後には見事に復興を遂げた国。

明治維新だって同様だったはず…

東日本大震災の後も、少しずつではあるけれど復興に向けて人々が歩んでいる。

「これから新しい時代をつくるんだ!」

もっと、誇りをもって前を向いて生きていく必要がありそうです。

あまちゃんのように明るさをもって…

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!