個性に合わせた環境づくりを意識しよう。

少しずつ学べばいいよね。

府中にてTRMを行ったU-13の子どもたちを観ながら再確認したことがあります。

子どもたちには、一人ひとりの個性があるものです。

まさにマルチプルインテリジェンス

サッカーを覚えていくプロセスも各自で違うはずですよね。

ボクは、空間とか全体を観ることが好きですし言葉でまとめるのが好き。

サッカーをするときにも、バレーボールをするときにも鳥の目を意識しています。

子どもたちの中には読むのは得意だけれど、聞くのは苦手なんて子もいるでしょう。

イラストで分解したほうが理解しやすい子もいれば、動画で全体をバーッと観る方がいい。

いろんな入口があるのだと思います。

指導者のボクらは、自分の得意な入口から話してしまいます。

でも、子どもたちによってはフィットしてないかもしれない。

だからこそ、子どもたちの特性を見極めると同時に、多くの入口を用意していく必要がありそうです。

ひとつの学習方法ではなく、複数の学習方法を用意する。

ボク自身が、もっと工夫しなくちゃいけないな。

子どもたち一人ひとりに焦点を合わせて、個性に合わせた環境づくりを意識したい。

そんなことを考えながら、子どもたちの成長を願うのでした。

Enjoy Football.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!