サークル対話とチームワークの話

サークル対話とチームワークの話

「自分たちのクラスは、自分たちでつくる。」

ボクのクラスでは、とても大切にしていることです。

クラスは小さな社会です。

もともと違う背景を持つ子どもたちが集まって一年間を過ごす。

子どもたちには、得意なことや好きなことがあります。

それぞれ居心地のいい空間があるように、学び方も一つではありません。

もともと、読書が好きな子たちは文字を読むことから学びます。

絵を描くことが得意な子は、図解をもとに学びます。

身体を動かすことが好きな子は、動きながら学びます。

同じ時間を過ごしていても学びのプロセスは違うのです。

個々のチャレンジを大切にするほど、衝突が起こり葛藤が生まれます。

そこで重要になるのが、仲間を大切に思うことです。

リスペクトの心を持つことで、個々のチャレンジを応援できるようになります。

そのために、みんなで対話する時間が必要なのです。

対話を重ねることで、「共に生きる仲間を大切にする心が育まれる」と信じています。

朝の会や帰りの会はサークルベンチに座る。

何かを決めるときには、自然にサークルになる。

運動会で自然に発生していて慌ててパシャリとシャッターを切った円陣。

「円陣組むぞ!」

なんて言葉は不要なのです。

チームワークってのは、自然に生まれるとも思っています。

勘違いしてほしくないのは、団結という名の元で個人が大切にされないことです。

先生たちの「チーム」に対する誤解は、その辺りにあります。

個人のベクトルが目指すゴールに自然に向くのがGoodです。

そのためにも個人の力が発揮される環境が必要ですね。

Challenge! Respect! Smile!