ゆったりと流れる時間の中で仕事すると

ゆったりと流れる時間の中で

だいぶ暖かくなってきたとはいえ朝晩は冷える佐久穂の暮らし。

こちらにやって来て感じるのは、時間がゆったりと流れるということ。

開校に向けてスケジュールは埋まっているのですが、妙なせわしなさは感じないのです。

朝から晩まで何かしら仕事をしているのですが不思議な感覚です。

何でなのかなって考えるのですが、きっとノイズが少ないからなんだろうと思います。

朝は鳥の鳴き声が聞こえるけれど、夜はシーンと静まりかえっています。

冬はラジオのスイッチをオンにしなければ何にも聞こえません。

もちろん、風が吹けば木々が揺れる音などが聞こえてきますが、基本は静寂の中…

街中にある様々なお店もせわしなさはありません。

ファーストフードなど、とりあえず早く食べ物を提供するようなところも少ない。

注文すれば時間をかけてゆっくりと出してくれる店が多い。

そして、何でも美味しい。

こういった感覚は、子どもの頃にあった街中の飲食店を思い出させてくれる。

入店してから、のんびりと提供を待つ。

厨房から調理をしている音がハッキリと聞こえてくる。

或いは目の前で調理をしている光景が見られる。

美味しい匂いが漂ってきてワクワクしながら待つ楽しみもある。

そして、お店の人たちの顔がちゃんと見える。

そんな飲食店が多いのです。

時間の流れが何だか都会とは違っていて懐かしい。

だから、暖炉の火のようにジンワリと暖かい感じがするのかな。

スケジュールだけみれば本当にタイトな日程ですが…

おかげさまで何とか動けているのも、佐久穂のおかげです。

明日も頑張ります。

佐久穂
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました