【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

Apple Watch に表示する都市名の短縮形を変更

Apple Watchの世界時計表示

久しぶりにApple Watchネタを備考録として書いておきます。

すぎに忘れちゃうので(笑)

長らく愛用しているApple Watch、お気に入りの文字盤スタイルはこちら。

やっぱり時計の針があると見やすいのです。

そして、秒針がブルーっていうのも嬉しい。

さらに、画面の左上と右上に情報を追加できるのもありがたい機能です。

左上には世界時計を表示させています。

iPhoneの世界時計で気になる都市を設定する。

海外にいるときには「東京」を表示させれば日本時刻が分かります。

国内にいて、海外のとある都市を表示させれば現地時間が分かる。

「あっちは何時かな?」

なんてことが分かればSNSでコンタクトを取るときなど何かと便利です。

ちなみに右上は非表示にしてありました。

iPhone上で全てカスタマイズできるかと思えばそうじゃない。

Apple Watchの画面上を長押しするとカスタマイズできるのです。

Apple Watch の文字盤を変更する
違うデザインを選び、色を調節し、コンプリケーションを文字盤に追加することができます。時間を進めておくこともできます。 

これまでダブリンを設定していたので「DUB」という表示でしたが、

今回はカーディフということで短縮形は「CAR」となりました。

ついでに右上には、「日の出 日の入り」を表示するように設定。

ここのところ日が短くなってきたので気になる情報でした。

ということでApple Watch に表示する都市名の短縮形を変更は完了です。

タイトルとURLをコピーしました