Apple Storeで空間の大切さを実感した話

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

Appleストア表参道

先日、注文したApple Watchを受け取りにApple Store表参道店へ行きました。

表参道では、地下鉄からA2出口を利用すれば目の前です。

店内は広いスペースにMac、iPad、iPhoneなどの製品が綺麗にディスプレイされています。

「かっこいい!」

この一言につきます。

通路も広々としていて、新宿や秋葉原にあるような電気店とは違います。

比較するのも何なのですが(笑)

昭和な感じのゴチャゴチャしている大型家電店は、製品を探すのも大変です。

どこに何があるのかを探すという冒険みたいなものも楽しいものではありますが。

一方で、Apple Storeは、近未来感たっぷりです。

今までの自分を完全に捨てて、ここから全ては始まってしまいそうな予感さえする。

スタッフの対応も洗練されています。

何とも対応がスムーズで、これは凄いというのがファーストインプレッション。

セットアップも完璧にサポートしてもらいました。

すぐ横で開催されていたプログラムも、何かしら毎日のように用意されている。

広くて統一感のあるテーブルで楽しげにしている人たちが多数…

小さなドローンまで飛んでいる。

これはハマりますよね。

あ…

実は、50にしてApple Storeに足を踏み入れたのは初めてなんです。

「Macにしちゃおうかな。」って本気で考えるほどの空間です。

Apple製品の魅力もさることながら…

この空間は、さまざまなことを教えてくれます。

シンプルで人々を迷わせないこと。

スムーズで流れるように移動ができること。

広々として開放感にあふれること。

思想なのか美学なのか…

何ともいえない居心地の良さがありました。

空間づくりって大切だな。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)