壊れたものと新しい時代。

壊れたApple Watch Series2 暮らし

朝から耳がちぎれそうなほどに寒い朝となった丹沢・大山の麓。

毎月恒例となっている「はだのおそうじたい」へ行くにも防寒対策は必須。

インナーは極暖にして何とか乗り切った。

気持ち良く終えて帰宅しようとしたらApple Watchの画面が消えていた。

あれこれと考えてみたけれど引退させることにした。

出会いは2017年6月4日で「くわさんぽ」の相棒としても活躍してくれた。

ここ2年ほどは突然ダウンしたり、あっという間にローバッテリーになったり…

バッテリー交換は既に対象外製品、どこまでいけるか試してきたが遂に引退。

感謝を込めて記念にパシャリ(泣)

実は…

2007年から改造を重ねて使ってきたWindowsPCも10月に突然クラッシュした。

OSが動くシステムドライブのSSDがエラーを起こしたのだ。

こちらも寿命は近いと思っていたので仕方なく引退させた。

データは全て別ドライブだったのでセーフ。

「新しい時代に入るから、いろんなものが壊れるよ」

そんなことを知人が言っていたことは本当だったようだ。

「いろんなものが壊れたらシンプルになるからね」

たしかにApple Watchを引退させても時計は身近にある。

充電という煩わしさからも解放される。

WindowsPCに至っては前時代のスペックだったので待ち時間があった。

今は2017年から使っているMacBook Proがメインマシンで割と快適。

やがてこちらも引退を迎えるだろうが今のところは十分だ。

WindowsとMacの両方を使う必要もなくなってシンプルになった。

壊れることも悪くないのかもしれない。

有名な禅語がある。

○本来無一物(ほんらいむいちもつ)
事物はすべて本来、空(くう)であり、執着するものは何一つない。

あれやこれやと物欲が湧いてくるけれど、よりシンプルに暮らせるといいよね。

どれだけ余計なものを削ぎ落とすことができるのか。

2023年に壊れたものは新しい時代へ突入するための予兆なのかもしれない。

自分の頭の中も壊しては新たにつくりかえる作業は今後も必須だろう。

今年壊れたものたちへ感謝を込めて。

あ!メリークリスマス!!

タイトルとURLをコピーしました