道路建設と子どもたちの学習環境

建設中の第2東名と菜の花

通勤途中に見つけた菜の花…

向こうには建設中の第2東名高速道路が見えています。

学校の周辺では、田畑が埋め立てられて宅地や工業用地が造成されています。

高速道路が完成する頃、街は変貌を遂げているのだと思います。

野に咲く花たちは、これまで堂々と咲いていました。

でも、今年の春は片隅でひっそりと…

ちょっと寂しい気がします。

人口減で超高齢社会を迎える我が国で、これまでのように車が走るのか…

疑問に思っています。

今さえよければ、それでいいのだろうか。

この工事で恩恵を受ける人たちにとっては、重要なプロジェクトなのでしょう。

でも、2025年を境に車が激減、長い目でみたら無用の長物かもしれないのです。

春の自然観察

この建設で失われた子どもたちにとっても大切な空間があります。

季節毎に学校周辺の自然観察をする場所です。

以前は、田畑が広がっていました。

春に咲く小さな花たちや、夏から秋にかけての昆虫たち…

子どもたちが自由に動き回って、いろんな発見をしていく。

その生息域は完全に失われつつあります。

それと同時に、子どもたちの学習環境がひとつなくなってしまう。

間違いなく大きな損失…

とはいえ、失われてしまったことを残念がってばかりではいけません。

ちょっと遠くへ出かけてみることにします。

今できることを淡々とやるだけです。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で