大地に小麦の種をまきながら

霜が降り冬を感じさせる寒い朝。

丹沢・大山、そして富士・箱根もよく見える月曜日。

生まれて初めて大地に小麦の種をまきました。

「その昔、この辺りでは小麦栽培も盛んだった」

たしかに精麦工場もあるので納得。

プロジェクト10年目を迎えた「湘南小麦」が目指す、国産小麦のさらなる普及
ムール ア・ラ ムールのパン。右下から時計回りに、丸ブリオッシュ120円、チーズフランス130円、チクゴイズミショートバゲット160円、石臼ショートバゲット160円、ブランオレ160円。嚙みしめると香ばしさが口いっぱいに広がる。 神奈川県伊

「中学校の校歌でも麦が登場します」

と聞いて更に納得。

「麦の穂先の 光るころ」

たしかにそう書いてある。

それだけ麦が身近にあったことが分かります。

たしかに、子どもの頃、ボクの家の近くにも麦畑はあった。

帰宅する時の近道にもなるので畑の中をよく通っていた。

「入っちゃだめだよー」

近所のオバチャンに声をかけられる。

「おい!隠れろ!」

麦に隠れて前進を試みる。

「おいー!ランドセル見えてんぞ!しゃがめよ!」

なんて言いながら帰宅を急いだものです。

「もしも、学校の周りが建物だらけになったらどう?」

そんな話を子どもたちとしたことがあります。

「やっぱりやだよねー」

「自然は守る方がいいでしょ」

「田舎でいいし」

なんてことを言っていたことを思い出しました。

それから15年、ほぼ変わらぬ光景に安堵する。

そして、こんな機会にも恵まれてありがたい気分です。

1月か2月には麦踏みもできるらしい。

いつになるのか。

体調管理を心がけ、必ず参加したいと思います。

その頃には丹沢・大山にも雪があることでしょう。

季節を感じながら生きる。

そんな毎日に感謝したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました