花を咲かせるために。

サクラソウが咲いた 暮らし

快晴を期待していたけれど曇り空、夜はにわか雨も降った丹沢・大山の麓。

「梅でも見に行こうかね?」

そんな感じで両親を連れて曽我の梅林へ。


9時30分に到着してスムーズに会場へ入る。

ところが…

駐車場にはなかなか入れず。


両親は先に降りて先に梅見へ。

「駐車場に入れるのは1時間ほどかかりそうです」

という係員さんの話もあったので園外で待機することに。


主たる目的は両親を連れてくることだったので良しとして…

コンビニで珈琲を飲んで待っていると迎えの連絡。

サッと見て帰るのは毎年恒例(笑)


実家に戻るとサクラソウが見事に咲いていました。

一気に咲いたように見えますが、日に日にジワリジワリとだったはず。

そんな開花に思いを馳せてみる。


ボクらは、その瞬間に見たものだけを認知して判断する。

「おー!綺麗だなあ」

というだけで、それまで何が起きているのかは考えなかったりする。


毎日のように水やりをする母がいる。

プランターの土作りもしていたはず…

そんな人の手が加えられていることも吹っ飛んでしまう。


梅園の梅も同じ。

日頃から剪定や土の管理が欠かせません。

多くの人たちの苦労によって花が開くんですね。


目の前にあるものは全てそうなのかもしれない。

いろんな要素が詰まっていて、ヒト・モノ・コトの合作。

そんな世界観に触れている。


どんなものにも見えないところで苦労がある。

だから目の前のものには感謝をしないといけません。

案外、忘れがちなので気をつけたいと思います。


ボクら一人ひとりの花が開くためには多くの人たちの支えがある。

今日は「建国の日」

こうしているのも先人たちのおかげですね。


全てのものに感謝して一日を終えたいと思います。

暮らし
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました