ダイエットには納豆も効果的

朝飯に納豆は必須

朝食で必ず食べることにしている納豆。

先日、教え子からこんな質問をされました。

先生、納豆好き?

納豆は毎日のように食べているので

毎日食べてるよ!

と答えたら

だから、痩せてるんだねえ

と嬉しい反応があったので納豆の効能について調べてみました。

主な効能は次の3つ

食欲低減、脂肪の吸収を抑える、基礎代謝アップ

なるほど…

まずは、食欲低減

納豆は“不溶性食物繊維”を多く含みます。
不溶性食物繊維は、水を含んで腸内で膨らむので、食欲を抑える働きがあるのです。
また、納豆に含まれる“大豆サポニン”は、腸内で栄養を吸収する働きを持つ“絨毛(じゅうもう)”を収縮させます。
これにより栄養の吸収速度が遅くなり、腹持ちが良くなるのです。

確かに昼食までお腹はすきません。なるほど納得。

次に脂肪の吸収を抑える

“大豆サポニン”により絨毛は収縮するので、脂肪の吸収を抑えることができるのです。
また、“食物繊維”の効果として、血糖値の上昇を緩和して、脂肪になりにくくします。

なるほど…

血糖値を一気にあげる食品はダイエットの敵、たしかにそうかもしれません。

最後に基礎代謝アップ

通常、低カロリー食品を摂取すると基礎代謝は低下するのですが、大豆ペプチドを一緒に摂ると基礎代謝は回復し、さらに食後の消費エネルギーも上がるという研究結果があります。

ふむふむ…

そういえば納豆を多く食べて体重が減った感はあります。

私の場合は白米を納豆に変えたような感じです。

たしかに効果はあると思います。

みなさんも夏に向けてお試しあれ!

納豆、しっかり食べましょう。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!