スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

課題解決のヒント

コミュニティデザイン

教室の書棚にある3冊の本。

「コミュニティデザイン」
JFAハウスで山崎さんの話を拝聴したときのサイン入り。

「まちの幸福論」
六年の国語の教科書にも出てくる。

「問題解決ノート」
最新刊で問題解決手法が書かれている。

山崎さんとStudio-Lが関わった地域の課題解決ストーリーあり、手法あり…

この本の中では、地域の課題解決ですが、置き換えれば様々なところで活用できます。

教室をフィールドにすれば、様々な課題が浮き彫りになってきます。

事実を捉えて、ありたい姿を考えて、何ができるかを考えていく。

人が集まっているんだから、いろいろな問題が出てきます。

出てきた問題は課題として捉え、解決を試みる。

それが楽しいわけです。

みんなで考えるのが何よりも楽しいのです。

全体の課題を自分ゴトとして、最大多数の最大幸福を考える。

みんなでHappyになりたいですよね。

まあ、読んでみてください。

面白いですよ。

[amazonjs asin=”4140815442″ locale=”JP” title=”まちの幸福論―コミュニティデザインから考える”]

[amazonjs asin=”4761512865″ locale=”JP” title=”コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる”]

[amazonjs asin=”4776207680″ locale=”JP” title=”山崎亮とstudio-Lが作った 問題解決ノート”]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書籍から学ぶ
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました