長崎のカステラと言えば福砂屋らしい

福砂屋キューブ

長崎出身の方からカステラをいただきました。

たしかに長崎はカステラが有名ですね。

カステラは16世紀中期、ポルトガルの宣教師たちによって日本にもたらされたといわれるお菓子

歴史あるお菓子。

何となく高級なイメージがあり、子どもの頃は牛乳と一緒に食べた思い出があります。

文明堂も有名ですが

長崎のカステラといえば福砂屋だよ!

と教えていただきました。

一本になっていると思っていたら開封するとこんな感じで驚きました。

福砂屋キューブ5個入り

その名も「福砂屋キューブ」

どんな風に入っているのかと興味津々で開封します。

福砂屋キューブ開封

こんな感じで登場しました。

中には組み立て式のフォークまで入っています。

なかなかオシャレです。

肝心の味は、底には粗目の砂糖が適度にあって甘すぎず美味しい。

中には甘すぎて、後味の悪いものも市販されていますが福砂屋のは違います。

これくらいの甘さでちょうどいい。

嬉しい頂き物でした。

感謝。

カステラについてはこちらから↓

[browser-shot url=”http://www.castella.co.jp/h_index.html” width=”480″ height=”320″ target=”_blank”]

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!