道端に凜と咲く花のように。

傍らに凜と咲く花のように

道端に凜と咲く花の写真を見ながらあれこれと考えます。

今のボクには、ここ数日、取り沙汰されているスポーツ報道が重くのしかかってきています。

この世に生まれて、いろんな人たちに出会うプロセスがあってスポーツに親しんでいる。

ボクもそんな一人です。

今、取り沙汰されているアメフト界の人たちも同じですよね。

なのに、今回のような事態を招いてしまったのは残念で仕方がありません。

確かに、いろんなものに巻き込まれて自分を見失う選手はいる。

スポーツだけをやっていればいいという風潮の中、引退して壊れた選手も見てきました。

アスリートだったら、誰だって自分の納得する結果を出したい。

そう思っていることでしょう。

一人ひとりの選手に物語があるし、その選手を応援する人たちにも物語があるのです。

スポーツは、本来、どんな環境でもフェアプレーで全力を尽くすもの。

ところが、世界を見渡してもダーティーな部分は多々あるのが残念です。

一番、怖いのは純粋なアスリートたちが、何かしらの権力によって利用されること。

それは、本当に気をつけたいことです。

スポーツを愛する皆さんには、道端に凜と咲く花のように堂々とプレーして欲しい。

そう願っています。

さて、サッカー日本代表の選手選考はどうかな?

こちらも注目です!

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!