空は繋がっている。そして、人も繋がっている。

初冬(信州の山並み)

地域の皆さんと創り上げる交流会。

準備の段階から何とも形容しがたい物凄いエネルギーに圧倒され続ける。

そして、当日は夢のように通り過ぎていく時間がありました。

解散して帰宅したらフローリングの上に倒れ込んで起き上がれない。

「起きないと凍え死ぬかもよ。」

なんて頭の中で自分と自分が対話しているのだけれど、しばらく動けませんでした。

それくらいに圧倒されてしまった素敵な時間でした。

釜を準備する、野菜を運ぶ、蕎麦をふるまう…

演奏する、歌う、踊る…

話す、遊ぶ、笑う…

そして、人と人が繋がっていく。

そこにいる人たちが、それぞれのエネルギーを惜しみなく提供していく。

閉校になった学校に人が集まって何かが起きている。

「こういうのは、やっぱり楽しいよね。」

「天気も最高だったし、本当に良かった。」

「また、来年もやりましょう。」

なんて言いながら解散していったのでした。

どれくらい横たわっていたのでしょうか?

「あ!さすがにヤバい。このまま夜になったら大変だ。」

起き上がってみたら、こんな夕景を見ることができました。

「空だけは大切な人たちがいる世界中に繋がっているんだよね。」

そんなことを思いながら眺めてみました。

そのうち、ボクがここにいる意味も自分で理解できるようになるはず…

さあ、明日からも頑張ろう。