小さなカラマツの実と出会って考えた。

小さなカラマツの実とと出会う

昨日と同じようにピーンと冷え切った朝。

少し暖かくなってきた時間にプルーン畑に出かけて剪定作業にチャレンジ。

4方向で外に枝が伸びるように剪定するのが基本。

数年後のことも考えて切っていく。

バッサリ行っても大丈夫だと言われていますが、あれこれと考えながら慎重に…

ところが、ボクはガンガン切ってしまう。

どうやらボクはザックリとやってしまう人らしい(笑)

それでも、しっかりと延びそうな枝を想像して陽当たりなどを考慮して切りました。

作業中に見つけたのが枝に引っかかっていたカラマツの実…

いつ、どんな時に落ちてきたのだろうか?

いろんなタイミングが重なってボクが剪定しているプルーンの木に引っかかっている。

それが何とも美しい光景に見えて、思わずパシャリ。

想定外の光景を見て思わず嬉しくなりました。

よくぞ、こんな所に引っかかってくれたね。

まあ、そんな感じです。

そこにいるからこそ出会える光景がある。

目の前にあるものは夢でもなく全てが現実。

たまたま現れたカラマツの実と一緒です。

それを素直に受け止めて生きるってことが大切。

必要なことには、ちゃんと出会えるはず…

そう信じて毎日を過ごしたいものですね。

皆さん、良い週末を!

タイトルとURLをコピーしました