江戸城ってどんな場所だったのかなあ。

皇居大手門

気温は真夏のごとく30度を超える暑い1日。

新橋近くで行われる大学院OB・OG会に参加するため東京へ。

少し早めに到着したので銀座あたりからフラフラとしながら会場へ行こうか…

なんて考えていたけれど皇居へ行ってみることにしました。

地下鉄大手町駅から適当に出口を探したら三井住友銀行ビルの横から地上へ。

右へ行けば日本橋方向、左へ行くと皇居方面です。

あちらこちらに警察官が立っています。

「皇宮警察かなあ。」

なんて思っていたら、物々しい警戒区域がありました。

一人で歩くボクは彼らの視線を感じながら皇居へ向かうのでした。

とあるビルの前では外国人のセキュリティさんらしき人も立っている。

ホテルマンもあちらこちらに立っている。

「ひょっとして?」

星条旗と日の丸

と思ったら星条旗と日の丸が翻っていたので納得(笑)

そんな警戒区域を抜けると目の前に素敵な光景が広がりました。

ツツジの先に皇居が見えます。

でも、ここにもセキュリティがあったのでポケットの中身を手にします。

「あ!大丈夫ですよ。カバンなければそのままで!」

とニコニコと笑う皇宮警察の方たち…

さっきの警備とは違う(笑)

知らなかったけど入場は無料なんですね。

ちょっとした美術品を見ることができる建物も無料。

そんなに多くの人たちはいなかったけれど外国人の割合は高め。

江戸城の石垣

番屋を見たり、石垣を見たりして天守台まで行って戻ってきました。

そういえば何にも江戸城について知りませんね。

ちょっと調べてみたくなりますよね。

どうしてここへ江戸城が築かれたのかとか。

どうして250年近くも戦のない世の中だったのかとか。

ちょっと興味が湧いたので調べてみたい。

街づくりの観点とか組織づくりの観点も絡めて考えてみたいなあ。

それにしても暑い土曜日だった。

ビールは美味しかったけれども(笑)

タイトルとURLをコピーしました