江戸城に天守閣がない理由とリーダーシップ

江戸城に天守閣がない理由

トランプ大統領がやって来た土曜日、皇居に残る江戸城の天守台からパシャリ。

周囲の警戒をよそに園内は穏やかな光景でした。

「そういえば天守閣がないんだよね。」

なんて思いながら天守台へと上がって本丸御殿跡を眺めます。

この芝生スペースの手前が大奥で、向こう側に向かって御殿が続いたらしい。

画面右上の方に赤穂浪士「殿中でござる!」で有名な松の廊下があったようです。

それにしても広大なスペースにびっくりです。

天守閣が再建されなかった理由には、なんと初代会津藩主が関わっている。

なんだか嬉しい。

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは
武州豊嶋群江戸(庄)図」(部分) 国立国会図書館蔵 文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成) 明暦三年(1657)に起きた「明暦の大火」で消失するまで、江戸城には天守がありました。それも、全高は60メートルほどもある、日本最大級の大天守でした。 江戸幕府は明暦の大火のあと、すぐに江戸城の復興に着手しま...

なるほどなあ。

大火の後、何がまず大切かを当時の幕臣たちが考えた結果なのでしょうね。

こういったことって本当に大切ですよね。

「大切なことは何か?」

きっと多くの議論がなされたのではないかと推察します。

「幕府の威信に関わることであり、防衛拠点としても天守閣は必要だ!」

という意見も強かったはず…

「しかしながら、天守閣を再建する前に江戸城下を何とかせねば!」

という意見も出たんだろうし…

それでも長期的展望を見据えての大英断が下されたのだと思います。

異論反論も多かったはずなのにブレずに突き進めたリーダーたちって凄いよね。

天守閣がなくなる前の様子はこちらで垣間見ることができます。

攻守とも最強の城だった江戸城、なぜ天守が残っていないのか?『サライの江戸 江戸城と大奥』で謎を読み解く
現代に至るまで残っている江戸城の天守台は、加賀藩の前田家が工事を行なったもの。しかし、天守そのものは再建されなかった。 なぜ、江戸城には天守が残っていないのでしょうか? 空襲で焼けてしまった? 明治維新でなくなった? 実は、3代将軍家光の没後、家綱が4代将軍になって数年たった1657年の明暦の大火によって消失して以来、...

歴史から学べることって多いよね。

タイトルとURLをコピーしました