【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

子どもたちと共に歩むために

子どもたちと共に歩むために

明日から梅雨空が戻るという天気予報の大日向。

だから今日は外回りも見ておかないといけないよね。

危険なものは落ちていないかな?

蜂の巣はできていないかな?

何か散らかっているところはないかな?

そんなことを考えながら30分ほど校地内を歩きます。

正面玄関に続く通路にあった枯れたラベンダーを片付ける。

綺麗さっぱりしてホッとしていたら、傍らに咲く小さな花を発見。

アリさんよりも小さな花。

とっても可愛い白い花です。

なんていう花なんでしょうね?

雑草なのかな?

興味関心を持って、花をしばらく眺めています。

このアリさん、蜜を吸っているようにも見えます。

小さな花畑を歩き回る様子をしばらく眺めていました。

「子どもたちと共に歩むために必要なことって何だろう?」

ふと考えました。

至ってシンプルなのですが…

どう考えても答えはひとつだなって思います。

「興味関心を持つこと」

ただそれだけです。

そして…

思いっきりオープンマインドで近づいてみる。

「こっちにおいでよ!」

じゃなくて…

「そっちへいくねー!」

って感じでスッと近寄る感じ。

興味を持ってもらえていると感じた子は心を開いてくれます。

「どれどれ、話を聴いてあげるから、こっちにおいで!」

なんて言ってもダメなんですよね。

「あれ?何かあったの?」

という感じで歩み寄っていく。

こちらが動くことで子どもたちは笑顔になります。

「ちゃんと見てるからね。」

そんなメッセージは、きちんと子どもの心に響くものです。

だからといって理解したつもりになるのは要注意です。

答えは子ども一人ひとりが持っているのですから。

謙虚な姿勢で子どもたちとオープンに接する人でありたいなって思います。

共に歩めたら嬉しいもんね。

タイトルとURLをコピーしました