スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

限られた時間・仲間・空間の中で

限られた時間・仲間・空間の中で

令和に入って初めてのクールビズファッションで学校へ。

「あれ?くわまん、なんでそんな服を着てるの?」

「今日は会議があるんだよ。」

「ふーん・・・」

いつもの感じとは違う服装に興味津々だった子どもたち。

今日は令和初めての連合校長会。

「学力向上」をテーマに小・中・高の立場から意見交換。

それぞれの学校にそれぞれの環境があります。

そこに集まる児童生徒、教職員、保護者、地域…

毎年、同じようなことをしているけれど少しずつ変化させていく。

「今年の子どもたちは、こんな実態があるのでこうしていこう!」

「今の職員室は、こんな感じだからこうやってみよう!」

なんていうふうに考えていくことも大切ですね。

何かをしようとする時にボクが意識しているのは「時間」「仲間」「空間」

それは無限にあるわけでもなく…

全てが限りのあるものです。

「もっと時間がほしい。」

「もっと仲間を増やしたい。」

「もっと空間を整えたい。」

そう思うこともないわけではありませんけれど…

「時間を生み出すために何ができるか。」

「仲間の力を最大限に発揮するために何ができるか。」

「空間を生かすために何ができるか。」

そんなことを常に考えて「今」を生きることが大切なんじゃないか。

「既に全力でやっている。」

そう思い込んでしまったときには角度を変えて見る。

「ほら!ここさ工夫できるんじゃない?」

いろんな人たちの力を借りてアドバイスをしてもらいながら進む。

何をしても、どうやっても正解なんてのはないのだから常に試行錯誤です。

だからやってみればいい。

「そこにチャレンジはあるのか?」

って問いながらチャレンジを続ける毎日です。

タイトルとURLをコピーしました