ちょっとプルーンの収穫へ

ちょっとプルーンの収穫へ

開校に至るまで大変お世話になっていた今は亡き人生の大先輩のプルーン畑。

御縁をいただき大日向小学校で使わせていただくことになりました。

昨秋より剪定、消毒の作業をしながら初収穫の夏を迎えています。

大日向小学校のプルーンをお届けします! | 学校法人 茂来学園 大日向小学校 しなのイエナプランスクール
大日向小学校は、「誰もが、豊かに、そして幸せに生きることのできる世界をつくる。」という建学の精神のもと、2019年4月に長野県南佐久郡佐久穂町に開校した、日本で初めてのイエナプランスクール認定校です。

今朝は少し出遅れてしまいましたが収穫をしてきました。

数名のスタッフと子どもたちは既に奥の方で作業中。

小さめのアーリーリバーが最盛期を過ぎ、少し大きめのオパールがこれから。

収穫ができる品種が切り替わる時期でもあるようです。

軽く触れて柔らかさを確認しながら丁寧に摘んでいく。

「あれ?こんなに難しかったかなあ?」

なんて去年のことを思い出しながら進みますが、これがなかなか難しい。

「もっと大胆に切っていいよ!」

って言われながらザックリと刈ったはずの剪定作業も甘かったようです。

葉が生い茂っていて実を探すのも一苦労なのです。

「なるほど、こういうことだったのかあ。」

次の剪定作業では大胆にいこうと心に決めたりもして…

そうこうするうちに作業は終了。

思ったよりも数量は取れず…

適度に熟した実だけを取るってのは本当に難しい。

一気に熟して収穫が間に合わないこともあるのでしょうね。

こういう大変さを知るのも学びですよね。

ちなみに販売もやってますので、よろしかったらどうぞ!

大日向小学校のプルーン powered by BASE
2019年4月、長野県佐久穂町にあった旧佐久東小学校の校舎をリノベーションして、しなのイエナプランスクール大日向小学校が開校しました。その大日向小学校の開校を誰よりも楽しみにしてくださっていた大日向の小須田武彌さん(さくほジーバ共和国前大統領)のプルーン畑の半面を学校として引き継ぐことになって半年。子どもたちがさまざま...
タイトルとURLをコピーしました