「学ぶ楽しみ」って「草サッカーで楽しむ」と同じだよ。

社会人サッカーリーグ

サッカー少年たちが憧れるプロサッカー選手。

小さな頃からボールを蹴ってキャプテン翼くんのようになればいいのですが…

そうはいかないのが現実です。

小学校、中学校、高校、大学と上がっていけば行くほどサッカーを続けるのが難しい。

セレクションがあって、そこで生き残れなければ辞めてしまうなんてことも。

もっと柔軟にサッカーができる場があるといいのですが…

小さな頃から活躍している子は素晴らしい選手で、そうじゃない子はダメみたいな風潮。

サッカーにもいろいろな楽しみ方があるはずなのに残念な話です。

プロで活躍する選手もいれば草サッカーで楽しむ選手もいる。

どちらが素晴らしいかって言えば、どちらも素晴らしいサッカーファミリーです。

教室で学ぶことだって同じ。

誰もが東大や早稲田・慶応などを目指すわけじゃない。

誰もがプロサッカー選手になれるわけじゃないのと同じです。

受験に強い子だけがもてはやされて、そうでない子は切り捨てられる。

上位カテゴリーに上がれない選手は引退するみたいになるってのは変です。

そりゃあ、勉強はできたらできたら嬉しいでしょう。

サッカーには社会人リーグなど「草サッカー」で楽しむ選手が山ほどいます。

週末にみんなで集まって、一緒にプレーして、終わったら飲み会なんて感じで(笑)

そんなグラスルーツの選手たちだって素晴らしいじゃないですか。

同じように、学校だって自分のレベルで「学ぶ楽しみ」があっていい。

テストの点数ばかりに注目して、点を取れなければダメな人みたいなのって変です。

だから、どんどん学ぶことを辞めてしまう。

その子なりの学び方や学ぶ楽しみがあれば、ずっと学び続けることができるはずです。

教師の仕事ってのは、勉強を教えることよりも学ぶ楽しみを覚えてもらうこと。

代表チームの選手を育てるのも大切だけれど、グラスルーツこそ大切なんじゃない?

「学ぶ楽しみ」だって「草サッカーで楽しむ」と同じだよね。

さてと…

今日もグラスルーツの現場へ行こう!

Good Luck.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サッカーベンチのある教室小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました