Challenge Respect Smile

「校長」じゃなくて「くわまん」で良かったよ!

「くわまん」で良かったよ!

雪もちらついたけれど何だか暖かい木曜日。

いつものように子どもたちを乗せたバスがやって来る。

そういえば最近あまり聞いていない言葉がある。

「今日はなにまーん?」

ボクのニックネームに由来する質問なんだけどね。

誰が始めたのかなんて覚えていないけど…

「肉まんだな」とか…

「十勝産小豆のあんまんだよ」とか…

「チーズたっぷりピザまん」とか…

まあ、毎朝いろいろと答えてきたんだよ。

その度にギャハハと笑う子どもたちとの毎日が楽しいのだ。

とある日、とある子がこういった。

「くわまん、毎日答えるのって大変でしょ。だから『くわまん』でいいのに」

「たしかにそうだね。じゃあ、そんな日もあるってことにするね」

なんて答えたんだよね。

ところで…

今日は中等部(フリースクール)の子たちの体育を見ることになった。

ボクはもともと体育科なので嬉しくてたまらない。

種目はバドミントンでコートを作るところからスタートした。

そんなところに可愛らしい小学校1年生がやって来たのね。

2人でやって来たけどモジモジしている。

「中学生のみんながいるし、さてどうしよう?」って感じだった。

しばらくして…

「くわまん、ちょっときてー!」

「なになに?」

「これね、しょうたいじょうだからあとでよんでね」

と可愛らしい招待状をいただいた。

どうやら明日の「催し」の時間にお芝居があるらしい。

これは楽しみだね。

開いてみてなんだかホッとしたというか嬉しくなった。

「くわまんへ」

これほんと大日向小学校らしい。

ボクは「校長」という肩書きを持っている(一応ね)

でも、みんなそう呼ばない。

ボク自身も「校長」とか言われたくない。

もちろん職務を果たさなければならない時は、ちゃんと校長になるけども…

例え子どもたちであってもオープンでフラットな関係でいたいって思うんだよ。

とかく「校長先生は偉い」とか言われるけど、そんなことはないんだよね。

そういうことじゃなくてさ…

一個人として子どもたちや保護者、教職員と向き合いたいわけ。

そんなこともあって保護者も教職員も誰ひとりして「校長先生」とか言わない。

教職員はなぜか「くわさん」が多い。

保護者はほぼ「くわまん」なんだよね。

「こんなに気軽に話せるのってないよね」とか…

「ふつうの校長先生っていつも校長室にいて出てこないよね」とか…

いろいろ言われる。

そもそも、大日向小学校に校長室なんてないんだよ(笑)

「それじゃ威厳がないだろう!」

なんて指摘されることもあるかもしれない。

でもね…

そんな役職名は子どもたちや保護者、教職員のためにあるわけだよ。

ボクのためにあるわけじゃあない。

だからさ…

「くわまんへ」なんて書かれていたら最高に嬉しいんだよね。

ちなみに開校2年目の本校はまだまだ発展途上にある。

課題は当たり前だけど山積み。

でもね…

みんなの力で必ず素敵な学校になるって信じているんだ。

なぜかって?

そこにいる子どもたち、保護者、教職員の力を信じているから。

そんなわけで日々是精進!

なんかホント嬉しい招待状をありがとう。

ちゃんと見に行くからね!

タイトルとURLをコピーしました