大切なジュニアユース年代だからこそ

湘南ベルマーレ小田原

昨日の大学サッカーリーグに続き、本日はジュニアユースのU-13サッカーリーグを観戦。

U-13というのは、まだ小学生みたいなところもあって何だか楽しいものです。

ところで、この時期に必要なことは何でしょう?

リーグ戦で勝利すること?それとも選手が成長すること?

過去に出会ったジュニアユースの指導者は、こう明言していました。

保護者の皆さんは勝利ばかり期待しますが、選手の成長を考えると難しいのです。

そうなんです。

結果として勝利するならばいいのですが、選手の特徴を伸ばすことなくしてゲームを続けたら成長は止まってしまいます。

勝利ばかりを目指していると、

勝利が第一、選手は二の次

になってしまうのです。

競技スポーツですから、勝利が重要ではあります。

当然、勝利を目指してプレーします。その中で努力する過程を楽しむのがスポーツです。

コーチの最も重要な仕事は、選手の自己実現をサポートすること

あれこれいうことがコーチングではありません。

あくまでも、選手を導き、サポートをすることで、選手の身体、技術、メンタル、そして社会性を向上させるという役目もあるのです。

大切なジュニアユース年代からこそ、肝に銘じてコーチングをしてほしいと思います。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!