もしもオシムさんがいなかったら?

スポーツ

朝からGW後半の渋滞や駅の混雑などの情報が飛び交う一日。

たしかに天気も良くて出かけるには最高の天気でしたね。

じゃあ、ボクはというと読みかけの本をKindleで。

オシムさんと関わりのある11名との話を島沢優子さんが綴っています。

選手、コーチ、GM、チームドクターなど、さまざまな人たちが登場。

「あれ?」

ページをめくる度に自分自身の約30年を振り返るような時間となりました。

サッカーコーチ、小学校教諭としての自分。

それ以前の高校バレーの監督をしていた2年間も含め…

その時々の自分と向き合う静かな時間。

小学校の教壇に立つようになったのは1992年のこと。

最初の頃はオフトさんのチーム作りを参考にしていた。

「タスク」という言葉を子どもたちが使っていたほどに…

まだまだ子どもたちに指示を出しまくっていた頃でもある。

サッカーの現場でも子どもたちになんやかんやと注文をつけてました。

秦野市トレセンU-12の監督をしていた頃、Jリーグの前座試合がありました。

スタジアムということもありボクの気分も最高潮。

ずっと指示を出し続けていたら関係者にたしなめられました。

そりゃそうだよね。

「主役は誰か?」ということがよく理解できなかった頃です。

多くの指導者や先生たちと出会う中で少しずつ変化がありました。

それはそれは学ぶことばかりで、いつまで立っても終わりがない旅。

ボクの教室づくりは、サッカーからの学びの比率が高いのです。

主語をサッカーから教育に置き換えたものばかり…

そんな中で現れたのがイビチャ・オシムさんでした。

オシム語録が大好きでした。

カオスになる場面をつくる。

あえて何も用意せずに子どもたちに考えてもらう。

なんてこともオシムさんの影響を受けたからだと思っています。

「もしもオシムさんがいなかったら?」

いつまで経っても指示しまくる大人だったことでしょう。

自戒を込めてページをめくらせていただきました。

皆さんもぜひ!

Kindle版はこちらから

なんとKindle Unlimtedで読めるようになっている。

まだ発売から3日だよ、そりゃあないでしょ(笑)

タイトルとURLをコピーしました