ビッククラブと街クラブに共通するもの

スタディオンフェイエノールト

第39回日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権が明日開幕します。

僕らのチームは、小さな街クラブという部類です。
それでも36年の歴史がありOB・OGは800名ほどいて地域での知名度はNo.1

とはいえ、こんなスタジアムがあるわけでもなく、トップチームがあるわけでもない。
U-15のカテゴリーのさえもないようなクラブです。

でも、やっていることはビッグクラブと変わらず、選手がいて監督・GM・コーチがいて後援会が組織され多くの人たちで支え合って運営されています。

いろんな人が関わってサッカーができるということを選手たちには忘れて欲しくありません。
また、保護者のみなさんにも選手に関わる監督やコーチたちが見えないところで、どんな努力をしているのかも少し考えて欲しいと思います。もちろん、その逆も…

子どもたちがサッカーができるのは、協力してくれ人みんなのおかげです。
応援できるのも、指導ができるのもみんなのおかげ、お互い様です。
選手たちには、おかげさまでサッカーができるということを忘れずに、あらゆる人たちをリスペクトして戦ってほしいと思います。

ビッククラブと街クラブで共通に大切にしたいことは、「感謝」と「リスペクト」
大切な思いを胸に、それぞれの役割をしっかりと務め、みんなで一緒に戦いましょう。

http://fc-radish.com

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!