ちょっと気になる「Google for Education」

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

Google for Education

教職員の超過勤務が問題になっています。

学校ICT化は、先生たちを余計な業務から開放することを前提としています。

それによって子どもたちとの時間を取り戻すためにもあったはず…

子どもたちにとっては「わかりやすい授業」のためのもの…

全国各地の学校は、ここ十数年で学校ICT化が進められてきたはずです。

ところが、コンピュータのリース料などのコストは莫大なものになりました。

脆弱な自治体だとホントに厳しくて、ソフトウェアの更新なんてできません。

いろんなサービスをうたう業者に踊らされ、巨額な予算が使われていく残念な状況。

この先、どうなっていくんだろう?

よりよい方法はないだろうか?

そんなことを考えている今日この頃ですが…

Googleのサービスはヒントになるかもしれません。

Google Classroom は、クラスの管制センター。クラスの作成、課題の配布、フィードバックの提供、クラスのあらゆることの管理、これらすべてを 1 か所で行えます。ペーパーレス化を実現しながら、必要なことをその場でできる、使いやすいツールです。

もはや紙を印刷して○付けをするなんていう時代ではないのかも…

「まだ赤ペンの○付けで消耗してんの?」

なんてディスられそうです(笑)

学校の規模や予算は関係ありません。
Google は、学生がいつでも、どこでも、どの端末でも簡単に利用できるツールを提供します。

なんといっても惹きつけられるのは、この文言です。

学校の規模や予算は関係ない。

いつでも、どこでも…

一番いいのは、どの端末でも…

これって使わない手はないよね。

検討に値するサービスだと思うのだけれど、どうだろう。

ほりたんはどう見てるか?

聞いてみたい(笑)

https://edu.google.com/intl/ja/

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

フォロー大歓迎です(^▽^)