✨️Challenge Respect Smile✨️

今日のセッション「この先の私へ」

よい質問を心がけたいものです。

昨日までの爽やかな空気から一変、蒸し暑さを感じた火曜日。

小田急に揺られて丹沢・大山の麓から東京へ。

インターナショナルスクールでのセッション。

テーマは「この先の私へ」

G4とG5(小学校4年生と5年生)と未来像を描く時間。

いくつか質問を用意して、おしゃべりしてもらう。

自分を見つめてみるキッカケづくりの時間です。

とかく「〇〇になりたい!」という肩書きに目が行きがち。

でも、その前に確認しておくことがあるはず。

「幸せの基準は?」

なんて質問をすると、みんなそれぞれちがうことが分かります。

お金を持っていたらとか、そういうわけでもない。

人と人の心が通じるからこそ幸せなんてのもある。

話をしながら自分らしく生きることの大切さにも気づきます。

子どもたちの心の中には、もっと自由に考えたい気持ちがあることも分かります。

ところが…

時としてボクら大人がドリームキラーになってしまう。

「まあ、ムリでしょ!」

なんて単眼的な大人の視点で判断してしまうからでしょうか。

本当は全人的なアプローチが必要なはずなのに…

「どんな自分でいたい?」

ここからスタートして包括的アプローチへと繋げていく。

何が正解かは分からないのが人生です。

よって、子どもたち自身に選択の自由もあるといいですよね。

自らの人生を切り拓くのは彼ら自身なのですから。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました