「小さな学校で、大きな夢を。」𠮷賀高校にて

吉川高校

島根県にて「多様性」をテーマに考える二日間。

二日目は、島根県立𠮷賀高校へおじゃましました。

先生たち、町役場の人たちと学びあう90分のワークショップ。

𠮷賀高校学校パンフレット

𠮷賀高等学校パンフレット

学校のある𠮷賀町は、山々に囲まれた自然豊かな中山間地にあります。

清流高津川とその支流に沿い耕地が開けているという人口約6000人。

とても素敵な風景の広がる町です。

𠮷賀に住もう。 𠮷賀に住もう。

こんな素敵なポスターを掲げて、子育て支援にも力を入れている。

「高校卒業までの子ども医療費全額助成!」「保育料完全無料!」「給食費完全無料!」

なんていう施策もあります。

「高校まで?」と不思議に思っていたら、町と𠮷賀高校がタッグを組んでいるのでした。

町役場の方々も参加してくださっていた理由がよくわかります。

連携型中高一貫教育

𠮷賀高校Webサイトへ

地元の中学校と行事を共同で行ったり、教員が中学校へ出張授業を行ったりしているらしい。

中学校と高校で相互交流しながら生徒の生活や学習のサポートを行っているだそうです。

「連携型中高一貫」なんて聞いたことがありませんでしたが、とても素敵な取り組み。

なるほど研修会に中学校からも先生方が来ているわけですね。

サクラマスドリームプログラム

𠮷賀高校Webサイトへ

キャリア教育として、「総合的な学習の時間」を中心に行われているプロジェクト。

『S.D.P.』は、吉賀町をフィールドとして、吉賀町の『人・もの・こと』とのコミュニケーションを通じて、生徒一人一人が社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現する力を身につけていきます。

町をフィールドにして学ぶというのは、本当に素敵なことです。

学校設定教科『環境』も面白い取り組み。

「多様性を活かした教育環境を設定することが大切なんだなあ。」

主体的な学びの場を「人・もの・こと」を繋いで共につくる大切さを教わった気がします。

𠮷賀の皆さま、お世話になりました。

本当にありがとうございました。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!