冬が顔を出した霜月初日

11月に入った途端に寒い朝

「朝焼けが何とも美しいですね」

なんて…

J-WAVEのナビゲーターが言うもんだから東の空を眺めてみたけれど…

残念ながら水平線は見えない大日向。

神奈川にいるときには朝ランタイム、水平線に見えるオレンジ色の帯を眺めていたけれど。

その代わり…

朝日が信州の山々を照らす神々しい光景を眺めることができます。

そんな朝は、寒くて石油ストーブを点火して暖を取ることになりました。

外に出てみたらヨモギも真っ白です。

仲間からの報告によると野辺山の最低気温は氷点下6度だったらしい。

佐久穂も0度近くまで下がっていた模様で冬が顔を出した霜月初日です。

それでも昼間は暖かくてシャツ1枚でOKな感じなのも不思議ですね。

果たしてどれくらい寒くなるのか?

ちょっとワクワクしてきました。

「先生、耐えられないかもしれませんよ。」

という地元の皆さんの言葉に少々ビビってますが、まあ何とかします。

さあ、霜月もスタートです。

張り切って参りましょう!