「幸せにしたい」っていう気持ちが原点

そこに愛はあるのかい?

ちょっと疲れたり、迷いがあったりすると「男はつらいよ」をみる。

寅さんには多くの名言があって勇気づけられるのです。

今は、Amazonプライム・ビデオで少しずつ視聴できるのがありがたいです。

合間に細切れで楽しめるのですから嬉しいですよね。

「全ては子どもたちの幸せのためにある」

最近、そんな言葉に出会ってふと考えました。

「ボクはどんな時に嬉しい気持ちになるのだろうか?」

それはなんと言っても…

目の前にいる人が笑顔でいる瞬間を見るときなのです。

それが愛する人たちであれば尚更です。

ああ、この人を幸せにしたいなぁと思う。

この人のためだったら命なんかいらない、もう死んじゃってもいい。

そう思う。

それが愛ってもんじゃないかい?

〜第16作「男はつらいよ 葛飾立志編」〜

さすがに寅さんにはかないませんが…

どんな人たちも「幸せ」でいてほしいって思います。

まずは「出会う人を笑顔にする」がファーストステップです。

結果として「幸せだなぁ」って思ってくれたらいい。

やっぱり「笑顔」でいてほしいもんね。