対話から生まれたビール【TOKYO隅田川ブルーイング】

TOKYO隅田川ブルーイング

たまにはビールの話をしようと思います。

お酒は何でもありですが、いちばん消費量が多いのはビールかもしれません。

それも行き当たりばったりで、たまたま見つけた面白そうなビールを買うのが好きです。

今日はコンビニで見たことがないビールを発見しました。

「Asahi」「隅田川」から浅草を歩いて目の前に広がる隅田川とスカイツリーを思い出す。

「そういえば長らくお気に入りの天丼を食べに行ってないな。」

なんて浅草を思い浮かべつつ迷わずカゴの中へイン…

ちょっとしたコンセプトのあるビールなのでウェブサイトをチェック。

東京隅田川のほとりで生まれた「東京第1号地ビール」

「え?そうなんだ?知らなかった(汗)」

しかも1995年からある…

Asahiといえば「スーパードライ」

学生時代にはお世話になりましたが、どちらかというとエビスが好き(笑)

そんなこともあって少し敬遠気味でしたけど…

これは美味しいです。

ゴールデンエールはキレを感じる。

ペールエールは琥珀で重厚感があるので好みのタイプです。

何がいいかって…

醸造家とお客様の対話から生まれたビールの楽しみを広げるスペシャリティビール

っていうところです。

「対話から生まれた」ってのがいい。

ビールも何でもいいってわけじゃなくて、飲み手の意見を聞く。

そして、ただ言われたとおりじゃなくて醸造家のこだわりも掛け算になっているのでしょう。

おそらく、これからも進化するんじゃないかと期待もしちゃいます。

やっぱり「対話」って大切だよね。

「学校をつくる」なんて仕事をしていますが…

「限定発売」として売られるビールのようなコンセプトの強い学校をつくりたい。

そして、それは対話をしながら日々進化する。

そんな学校がいいよなあ。

何が何でも「対話」って大切だよね。

詳しくはこちらから↓

東京・隅田川のほとりで生まれた「東京第1号地ビール」から続く歴史を持つ、ビールブランドです。