春の山菜が楽しめる季節

春の山菜が楽しめる季節

信州のスーパーで早くもコゴミを見つけました。

「新潟産」とありますが、まだ早い気するので栽培したものかなあ。

ゴールデンウィークになる頃に野山で見つけることができる春の山菜。

毎年のように届く津南から新聞紙に包まれた沢山のコゴミを家族でいただく。

豪雪地帯の遅い春のメッセージでもあります。

今年は食べられるだろうか?

そんな期待を込めながら水の入ったボウルに入れてゴミを取り除く。

鍋を火にかけ塩を入れて茹でる。

茹ですぎないようにしたいけれど早く鍋から取り上げると茎の部分が硬い。

茹ですぎるとシャキシャキ感を楽しめないので頃合いを見計らって鍋から上げる。

茹であがったらすぐに冷水で色止めし鮮やかな黄緑色に仕上げる。

マヨネーズで食べても良し。

ポン酢で食べても良し。

オリーブオイルに少しニンニクを加えて炒めるのも良し。

そんな楽しみもある春の山菜です。

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kogomi.htm
自然
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました