ごちゃまぜでボールを蹴ること

サッカーボールに集まる子どもたち

サッカーが好きな子が複数いたことは御縁でしょうか…

寄付していただいたフットサル用のゴールも大活躍です。

朝の登校後、中休み、昼休み、放課後に繰り広げられる光景は本当に面白い。

4月にいきなりサッカー部が発足したけれど今では愛好会のようになっています。

学年なんて括りもない。

固定メンバーはいるのだけれど毎日のように新規メンバーがいます。

ある時は1年生から6年生まで全ての学年が混ざっている。

そして女の子も当たり前のようにボールを追いかけている。

まさに「ごちゃまぜ」

もちろんレフェリーもいない。

下学年の子の手にボールが当たります。

「ハンド!」

「ハンドじゃないよ!」

「いやいやハンドでしょ!」

と言い争っていたかと思えば…

「まあいいか。手は使っちゃダメだよ。」

なんて優しく教えている上学年の子どもたち。

「今のファウルでしょ!」

「いやいやボールに行ってるでしょ。」

「ちょっと待て!」

と言いつつ倒れている子を思いやる光景もある。

ついつい口を挟みたくなるのだけれどグッと我慢しています。

何故かって?

子どもたちのサッカーは子どもたちのものですからね。

そこには学ぶことがたくさんあるのです。

フェアプレイとかリスペクトとかね。

そして、何よりも子どもたち同士の絆が太くなるんだよなあ。

ここでの出来事が教室で活かされる日は近い。

楽しみに待っていよう。

タイトルとURLをコピーしました