新たな小さな花との出会い

ローズゼラニウム

小さな花を見つけると胸が高まって思わずパシャリ。

「これなーに?」

子どもの頃、母が庭や小さなガレージで花の手入れをしている時に尋ねる。

「あー!それはねー」

名前を聞いたらポケット図鑑をめくる。

すると原産地とか栽培法が分かる。

なんてことを良くやっていましたね。

さて…

この花は「ローズゼラニウム」というのだそうです。

ローズゼラニウムの育て方
ローズゼラニウムの育て方●育て方はペラルゴニウムを参考に。●水のやりすぎに注意。●鉢植えは毎年植え替えをする。●春と秋は戸外の日当たり、夏は半日陰、冬は室内が普通。●耐寒温度は3度前後で、霜に当たると枯れる。霜に当たらなくても寒いと枯れるので室内管理が無難。月別以下のページの「ペラルゴニューム」の項を参考にしてください...

葉に薔薇のような香りがあるそうで虫がつきにくいってのがいいですよね。

霜には弱いので越冬するには部屋の中へ入れる必要があるようです。

成長すると1mほどに成長するし挿し木ができるというのにはビックリ。

もちろんハーブとしても使える。

ゼラニウムの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介
  ゼラニウム精油 目次 キーワード&データ ストーリー 植物の特徴 ゼラニウムの効果効能 ―心・体・肌― お…

こちらを読んでいくと、またまた新しい世界が広がります。

アフリカで何世紀も生活と密着して使用されていました。17世紀になってヨーロッパにもたらされ、香水の大切な成分となりました。ローズの代用品としても広く使われています。ゼラニウムは様々な産地があります。レユニオン島が主産地のものを特にゼラニウムブルボン、エジプト主産地のものをゼラニウムエジプトと区別する場合があります。成分には若干の違いがあります。その他、「ローズゼラニウム」という言い方がありますが、それは違う種類のゼラニウムを言っているわけではなく、ゼラニウムの別名です。

植物を生活に生かす知恵って本当に凄いもんですね。

野草の効能とかも調べてみたいなあって思います。

小さな花から、ちょっとした探求ができるのって本当に楽しいものです。

梅雨に入りましたが一気に花も咲く季節なので見逃さないようにしたいなあ。

そうそう、そろそろ紫陽花も楽しめるかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました