【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

場所を決めると生産性があがる

固定された場所がある良さ

長らく使っているデスクトップPC。

もともとは2007年製のGateway GT5086jで改造を繰り返して未だに動いています。

最後に改造したのは4年前、Windows10も快適です。

Gateway GT5086jに8GBメモリを実装
2007年に購入したWindowsマシンGateway GT5086j グラフィックカードを交換、HDDはSSDにして高速化して活用してきました。 今ではWindows10を搭載しているマシンの最後であろうグレードアップ...

時々しか触れることができませんが、やっぱりこのPCは落ち着くのです。

最近では我が家のサッカーボーイズ3号もデスクを使うので散らかる(笑)

まずは、整理整頓、埃も取り除いて、キレイにしてからスイッチオン!

慣れ親しんだキーボードは打ちやすいし、マルチモニターってのも使いやすい。

上段のものは、ずいぶんと古いけど(笑)

今はモバイルが主流なので、固定された空間っていうのは古いかもしれないけれど…

「時間を決めてここでやる」

っていうような感覚ってのも大切だと思うのです。

スマホもあって、いつでもどこでも仕事ができるのは確かに便利だけど…

こうしたデスクトップPCのある空間の方が落ち着いてできるのです。

ホームグランドホームというか、じっくりと画面に向き合えるからかなあ。

場所を決めると生産性があがる。

そして、時間を決めて追い込むと更に生産性は上がる。

まあ、ボクの場合はそんな感じです。

Windows
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました