【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

未来を思い描く8月にしよう!

未来を思い描く8月にしよう!

8月になった途端に梅雨明け宣言!

ずいぶんと長い梅雨は豪雨災害や農作物にも深刻な被害を与えました。

「プルーンの木が折れた」という悲しい報告も…

新型コロナ感染症も感染拡大が続き、せっかくの夏休みもStay Home優先で!

もうこれまでのような価値観では歩めそうにありません。

「テレワーク」「オンライン学習」「巣ごもり消費」など…

自宅でやることが増える。

学校だって今までのような価値観は通じなくなるでしょう。

「あれ?学校へ行かなくたってオンラインでもいいじゃない」

なんて救われた人たちもいる。

教室に集まって先生の説明を聞くなんていうのはムダと感じる人も多数。

でもね…

やっぱり学校へやって来ることが子どもたちの笑顔を生むってことは実証済み。

オンラインとリアルのハイブリッドへ移行することも真剣に考えないといけません。

同じように仕事だって「テレワークでいいじゃん!」て気づいた人も多数。

わざわざ満員電車に揺られて何時間もかけて通勤する必要もないですから…

そうはいってもリアルで話すことの重要性も再認識されていることでしょう。

さらに…

家にいる時間が増えるわけですから家族の在り方も見直されている。

あらためて家族同士の在り方を問われた家庭もあるでしょう。

世界に目を向ければ、グローバル化とナショナリズムが混ざり合う。

ピンチになると本性が出ますから世界の動きも注意深く見守りたい。

世の中が変な方向に行かないことを祈っています。

そんな時代にボクができることは何だろう?

未来を生きる子どもたちが目の前にいます。

そして、そんな子どもたちを支える保護者の皆さんがいます。

さらに、教職員の皆さんがいる。

繋がっている人々と未来を描きながら、どんな時もポジティブに歩みたい。

まずは「子どもたちを支える人たちが元気でいること」が大切。

たしかに先行き不透明で不安もあると思うけど、心配してる暇はありません。

「絶対にボクらは大丈夫!」って信じて歩み続けるしかないからです。

もちろん、大丈夫の根拠はありませんけど(笑)

それぞれの力を信じて行動あるのみです!

8月もどうぞよろしくお願いします。

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました