スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「さらばADSL」高齢者とインターネットの話

「さらばADSL」高齢者とインターネットの話

今日は月曜日ですが家事都合で休暇をもらいました。

週末から実家にも行き両親とあれこれと話も…

その中で話題になったのがインターネット回線に関することでした。

未だにADSLを使用している80代の父。

「2021年9月末日でサービス終了」

という通知をずっと気にしていました。

サービスに加入した頃はメールが中心。

いろんなサイトを閲覧するいっても困らない速度でした。

携帯もガラケーだったし…

「そろそろスマホかね?」

ということでスマホをプレゼンとしたのが1年半前。

これがなかなかハマってくれて、LINEも使うし写真を撮っては印刷も楽しんでいます。

いろんなアプリをいじくりまわしては、表示がコロコロ変わる(笑)

Googleの活用法なんかも説明したんだけれど…

「Gmailはパソコンで見る」

みたいなことになってしまうのです。

「これをするにはこの道具」

というような感覚が染みついているのでしょうね。

それでも根気よくガイドブックを読んで何とか使っています。

「ADSLがなくなってもテザリングでやればいいかなあ」

なんて思っていたのだけれど、今では動画を見ることもある。

そしてWi-Fi環境だとスマホも快適ということで「Nifty光」にしたのです。

これ、両親にとってもボクらにとってもありがたい。

我が家のサッカーボーイズや弟の娘たちにとっても嬉しいことです。

何よりも快適にインターネットを利用できる。

アプリの更新とかWindowsアップデートなんかもサクッとできそうです。

技術的なことや細かな操作は分からないことも多いようですが…

「これどうやるの?」

「どれどれ?これはね、こうするといいよ」

「あー!なるほどね。便利だねー!」

なんていう交流が生まれることの方が大切なのかもしれません。

「この前、教えたのになあ?」

なんて思っても根気よく説明したいものですけども(汗)

上手に光回線も利用してほしいなって思います。

それにしてもインターネットの進化は止まりませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
テクノロジー雑記
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました