スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「学校に来て楽しいことは?」ベスト3

みんなが輝く教室になるといいね

「学校に来て楽しいことは?」

そんなことを出会った子どもたちに聞いてみました。

なんだかこういう質問するの久しぶりな気がする。

友だちと会える

真っ先に出てきたのがこれ。

そりゃあそうだよね。

新型コロナウィルス感染拡大に伴って何かと不自由だったもの。

「いろんな人と出会えるじゃん」

「じゃん」って神奈川っぽいけれど、ボクらにとっては当たり前(笑)

「遊べるでしょー!コミュニケーションとかー」

そうね、新しい仲間と出会えるよね。

新しいことを体験できる

「勉強できる」とか「学べる」とか出てくると思ったら…

「体験できる」

そんな言葉が出てきてビックリしてしまった。

たしかに、毎日、いろんなことが起きるのが学校だね。

「あ!水筒がこぼれた!」

「中身だろー!」

なんて突っ込みが入るけど、一斉に雑巾を持ってレスキューに入る。

そんなちょっとした日常体験も貴重だよね。

毎日、いろんな体験ができるのが学校の魅力。

給食を食べられる

これ出てくるだろうと思っていたけれど、理由には意外なものがあった。

「家ではあまり食べないものとか出てくる」

「あー!確かにねー!」

「それでね、苦手かもって思って食べてみたら美味しかったりする」

そんなこと言うとは思ってもいなかった。

給食があるってことは小学校では大切。

本当はみんなで話しながら食べられたらいいのに今は默食なんだね。

でも、黒板方向ではなく窓の外に広がる空を見ながら食べているのはいいなあ。

学校は楽しいところだ!

ここにいる子どもたちは学校が楽しいらしい。

「何がそうさせているのだろう?」

そんなことを考えてみる。

ぐるりと大空が広がる土地柄もあるのだろうか。

丹沢・大山・富士・箱根まで望める環境もあるのかな。

「学校は楽しいところだ!」

そう思ってくれる子どもたちが増えることを願ってやまない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました