スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

そっと小さなマーカーコーンを置いていく

小さなマーカーコーン

グランドに小さなマーカーコーンが置かれている。

とても小さい存在だけれど、なくてはならないものなんですよね。

子どもたちは、そこをめがけて集まったり、囲まれたスペースで遊んだりする。

みんなで楽しめるように、ピッチの大きさを考える。

「あれ?ちょっと小さすぎたな」あるいは「おっと!大きすぎだ」

なんてこともあって修正をするのも楽しみのひとつ。

それなりに背も高いので目立つだろうけれど、できる限りそっと置く。

そこには子どもたちの笑顔がある。

これまでいったい何個のマーカーコーンを並べて来たのかなあ。

数えておいたら面白かったかもしれないって思う。

子どもたちが学んだり遊んだりする場をつくるのがボクの仕事。

「何かをさせる」ためじゃくて「子どもたちが自ら動く」

そんな場づくりをすることが大好きなんですよね。

気がつけば、保護者や教職員・スポーツ指導者の皆さんの場づくりもさせてもらっている。

そこでも同じように「何かをさせる」ためじゃくて「大人たちが自ら動く」

「教える」とか大それたことはできないので「共に学ぶ」

どんな場であれ出会った人たちが笑顔になりますように。

これからも、そっと小さなマーカーコーンを置いていきたいと思います。

そんなことを考えた土曜日の夜。

皆さん、いつもありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました