スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「これなに?」って聞かれたら。

「これなんだろう?」を大切にしたい

今日も穏やかな秋の空が広がった木曜日。

クスノキの周辺に黒っぽい実が落ちているのを発見しました。

「これブルーベリーじゃない?」

「いやちがうでしょ!」

「これ、食べられるよね?」

「むりじゃね?」

「だって鳥が集まってるじゃん!」

「うーん・・・」

なんて議論が繰り広げられたこともある。

ブルーベリー狩りのように袋いっぱいに詰めてくる子もいたよなあ。

やがて実を潰してみる子が出てくる。

「うわー!」

「やっぱりブルーベリーじゃないね」

なんていうことになって終了と思いきや

「鳥が食べてるんだから食べられるんじゃない?」

「いやー!お店とかで見たことないよね」

「たしかに・・・」

「ところで、これなに?」

子どもたちはクスノキだってことを知りませんでした。

「あ!それクスノキの実。食べられないよ!」

と答えてしまったら、その後に繋がりません。

「なんだろうね?ボクも分からないから調べてみてよ」

「分かったら教えてねー!」

なんて伝えると、ちゃんと答えを見つけてきます。

「分かったよ!クスノキだった」

と笑顔で教えてくれる。

「何で調べたの?」

「あっちの気に木の名前の看板あった!」

「あらま(笑)」

まあそんなこともある。

探求への入口、大切にしたいものです。

余談ですが…

最近、神社のクスノキがやたらと気になっています。

なんで神社の境内でよく見かけるのだろうかって。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました