スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

いろんな個性があるから面白い

いろんな個性があるから面白い

気温がグンと上がった火曜日は半袖になる子もいた。

そんな日の朝一番に目にとまったのがチューリップだった。

黄色いチューリップの間に咲いている。

世の中にはいろんな種類があるんだけれど、ここではこれが異彩を放っていた。

先端だけがピンク色ってのも面白い。

午前中は、子どもたちがリレーを楽しむ光景を眺めることができた。

ちょっと遠目に見てみる。

チームに分かれて活動しているのだけれど、それぞれに個性が見える。

一人ひとりの子どもたちにフォーカスしても個性が鮮明に浮き上がって見える。

本当に面白いなって思う。

ここでは、一律に「子どもたち」っていう表現は似合わないのだろうと思う。

それぞれが「一人ひとりの子ども」であって個性が立っているからだ。

当然、個性が立つと衝突も起こる。

でも、そんな衝突も恐れることはない。

なぜならば「対話」があるからだ。

そして異年齢で過ごしているからこそのコミュニティもある。

何かが起こるときに大抵は大人に助けを求めるのだけれど…

大日向の子どもたちは、まずは自分たちで何とかしようとする。

もちろん、最初からそうだったわけでもない。

大人に交通整理だけしてもらっておしまいなんてこともある。

それでも主導権は子どもたちに少しずつ渡す。

だから、大人の望む子どもたちにはならない。

要するにその子はその子でいていい状況が生まれる。

だから個性と個性が年がら年中ぶつかり合うのだな。

「さてどうしようか?」

なんてこともしょっちゅうあるのだけれど、それでもみんなで考えて進む。

いろんな個性がある世界ってこういうことだ。

そして、そんな個性が見える毎日は楽しい。

タイトルとURLをコピーしました