Challenge Respect Smile

生命には一つとして同じものはない

すっかり冬の景色となった森の中。

足下には落ち葉のカーペットがあり踏むと心地よい音が返ってきます。

今日も思ったことがあるので書いておこう。

「生命には一つとして同じものはない」

この山には何本の樹木があるのでしょう。

スギ、ヒノキ、クヌギなど分類はあるけど、樹齢や樹形はバラバラです。

季節によっていろいろな花も咲く。

野鳥も数多く見られることで有名なエリアでもある。

鳥たちだって同じように種類も年齢もバラバラなはず。

鹿や猪などの動物もいる。

ボクにはみんな同じように見えちゃうけれど、それぞれは違うんだよね。

「そんなの当たり前でしょ!」

って言う皆さん、ごめんなさい。

自然の中にいて気づかされちゃったのです。

どういうわけかボクらは他者に同じであることを求めちゃう。

その方がホッとするからかな。

目の前にいる子どもたちは一人ひとりが違う。

なのにボクら大人はみんな同じように見てしまうことも多い。

そこにいるのはザックリと「小学校○年生」

とかだから、そんな見方しかできなくなってしまうんですよね。

「望ましい子ども像」なんて言葉があるのもいけないかも。

工場で作られるものは揺るがなく精密に同じものができあがる。

でも、ボクら人間はそうじゃないし、違っていい。

だから、それぞれの存在をありのままにリスペクトする。

そんなことを森が教えてくれます。

「生命には一つとして同じものはない」

忘れずにいよう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
日々の暮らし
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました