✨️Challenge Respect Smile✨️

梅雨が迫る弘法山の麓で故郷の未来を考える

梅雨が迫る高台で故郷の未来を考える

梅雨が迫る高台で故郷の未来を考える

梅雨が迫る日曜日。

何となく空もどんよりとしています。

いつものように早朝に散歩へ出かける。

ボクを育ててくれた秦野の未来を考える朝でもありました。

自然豊かで名水百選にも選ばれる水資源がある。

交通の便もよく…

小田急の駅は市内に4つもあるし東名高速道路も国道246も通る。

あれこれ便利なはずだけれど、この町にも少子高齢化の波は訪れています。

「このままじゃいけないよね?」

もうみんな気づいているはず…

駅前は小田急グループを中心として再開発され綺麗に見える。

でも…

何だか活気がないのです。

戦後、一番の働き手であった世代も70代から80代。

朝早くに満員電車に揺られて、夜遅くに帰宅するような父さんたちを見てきた。

通勤・通学客であふれかえっていたことも少しずつ緩和されている。

それに伴って駅前にあった居酒屋もグンと数を減らしています。

企業は再編を重ねて縮小して市内からも撤退するところもあった。

宅地も今から40年から50年前に開発がスタートしたけれど頭打ち。

空き家も目立つようになりました。

地域の衰退について何とかせねばというムードも年々乏しくなっている気がします。

大人に活気がなくなれば、子どもたちが笑顔に過ごせる場も減っていく。

世の中、だんだん不寛容になって子育てにも困難がつきまといます。

ここ10年、いや3年くらいが勝負かもしれません。

この先、学校統廃合問題も出てくるでしょう。

「秦野はいいところだよ!」

胸を張って言えるようにしたいなあって思います。

ボクのできることは何だろうか。

スポーツと教育の現場を通して子どもたちの未来をつくる。

地道だけれど、これからもチャレンジし続けよう。

そんなことを思う日曜日でした。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
暮らし
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました