✨️Challenge Respect Smile✨️

ティーボールの楽しみ方(小学校体育)

ティーボールの楽しみ方(小学校体育)

ティーボールの楽しみ方(小学校体育)

今日も青空は見えないけれど蒸し暑い一日でした。

朝から席替えをして、新たな仲間との16日間が始まりました。

日直が一回りすると席替えしちゃうんです。

もちろん、子どもたち同士で決めちゃいます。

「え?そんなことして大丈夫なんですか?」

という質問がよくありますが、何にも問題はありません。

あれこれ課題は出てきますが、どんなふうに解決するかはまた別の機会にでも。

さて、忘れそうなのでティーボールの話を…

小学校4年生でティーボールを楽しんでいます。

いろんな楽しみ方がありますが…

いきなり野球のようなルールでやっても面白くないと思っています。

ということで、守備は研修で教わった方式を採用しています。

打ったボールをみんなで追いかけて全員が座ったところまで進塁できる。

バッターが打ったボールを、みんなが全力で追いかける。

あれこれと工夫が加わって守備が格段に上手くなっている(笑)

子どもたちって本当にすごいです。

ボクは何をしているかというと、体育小屋から道具を出しておくだけ。

ちょっとずつ小出しにあれこれやりながら、チームビルディングへと繋げます。

「今からティーボールをやります。使うものはこちらです!」

ということで用具を見せる。

「時間は○○分。仲間は、いつものチームでどうぞ。空間はどうすればいいかなあ」

なんて伝えて、後は子どもたちに設営から何から考えてもらいます。

最初は戸惑いながらだし、プレー中のトラブルも頻発します。

アウトだのセーフだのと…

「くわまん!こんなことになっちゃってるんだよ」

そんなことを訴える子どもたちにボクは決まってこう言います。

「なるほど、報告ありがとう。で、どうしたいんだい?」

なんて冷たいやつなんだって最初は思われたことでしょう。

でも…

だんだん、分かってくるのです。

「そうか!楽しくティーボールをするのは自分たちなんだ!」

どんな時でも自分たちでつくるってことを。

そして「競争」ではなく「共創」を大切にするってことも。

それにしても本当に子どもたちって凄いんだよなあ。

思いっきりティーを叩いてゲラゲラ笑っている。

トンネルしたり、取れたと思ったボールを蹴ってしまったりしても大爆笑。

体育も楽しいのが一番ですね。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました