子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

リスペクトのある教室からクラスをチームへ!

リスペクトのある教室

明日からサッカーの合宿があるため、9日の発表準備に追われる一日でした。

久しぶりにパワーポイントでプレゼン資料を作成、ほとんどが画像でキーワードが少々…

演題は、

「リスペクト スポーツと教育の現場から」

現場でしかわからないエピソードを20分という時間の中で話します。

伝えたいことは一つだけです。

リスペクトのある教室からクラスをチームへ!

どんなに授業方略がすばらしくても、学ぶための素地が学級になければダメなんです。

子どもが勝手に学びたくなる仕組み作りのためにも、絶対に不可欠だと思うチームビルディングにつながる話をします。

私にとって、スポーツと教育は切っても切れないほど大切なキーワードです。

スポーツ×教育=ライフワーク

と言ってもいいでしょう。

できるだけシンプルにお伝えできるように、そして、会場のみなさんと一緒に話ができるようにしたいと思います。

さてと、明日から合宿。

スポーツの現場でも、「リスペクト」をヒシヒシと感じてきたいと思います。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました